高性能な防犯カメラ設置で精算が合わない原因がわかる

低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう 低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう

レジの精算が合わない!~原因を突き止める~

飲食店でレジの清算が合わないというのは、致命的なことです。ここでは、原因を突き止める方法について説明します。

考えられる原因

レジの精算が合わない原因は、いくつか考えられます。考えられる原因をいくつかピックアップしてみたので、確認してみましょう。

  • お金を落とした
  • 受け取り忘れた
  • 数え間違えた
  • 打ち間違えた
  • 金券などの処理を間違えた
  • 詐欺に遭った
  • 従業員の内部犯罪

このように様々な原因があり、ほとんどの場合は単なるミスによるものです。しかし内部犯罪の可能性も考えられます。

防犯カメラで確認できます

防犯カメラ

内部犯罪の可能性がある場合、「従業員が犯人かもしれない」という疑いがあるため、誰も信用できなくなってしまいます。そうなると、業務に支障をきたしますし、経営にも悪影響を及ぼしてしまいます。映像記録が残る防犯カメラ設置をすれば、レジの清算が合わない原因が明確になりますし、内部犯罪だった場合は犯人が誰なのか確認することができるでしょう。

性能の悪い防犯カメラ設置ではわからないことも多い

防犯カメラ設置をすると、内部犯罪の証拠を掴むことができます。しかし低性能の防犯カメラだと、十分な証拠を残せないケースもあるので注意しましょう。

カメラの性能が原因で起きてしまった冤罪

防犯カメラは、犯罪の証拠を残せる便利な道具です。しかし場合によっては、冤罪を招いてしまう可能性もあるので、気をつけなければなりません。

防犯カメラの映像を信じこんでしまいました(42歳/男性)

私は店舗経営をしているのですが、レジの精算が合わないことが多く困っていました。ある日防犯カメラの映像を見て、従業員がレジからお金を取っているように見えたため、警察にも来て確認してもらったんです。映像は明瞭ではなかったのですが、犯行をしているような疑わしい映像だったので、警察もそう判断して従業員を逮捕しました。しかしよく調べたところ、従業員はやっていないことがわかりました。本当に申し訳ないことをしたと思っています。

画質が悪い防犯カメラを設置してしまうと、手元がはっきりと映らないため、決定的な証拠にはなりません。疑わしい映像だけが残り、このような冤罪が起きることもあるのです。

画質のいいもので冤罪を防ぐ

防犯カメラ設置をするなら、高画質のカメラを選ぶべきです。低画質のカメラは格安で手に入れることができますが、画質が悪いために冤罪を招いてしまう可能性もあります。確実な証拠を掴むためにも、高画質の防犯カメラを選んだほうが良いのです。また、最近では冤罪を防ぐための最新技術も登場しています。歩幅や姿勢など無意識に出る人間の特徴を調べることで、個人を識別し、信頼性を高められるのです。このような高性能な防犯カメラを設置しておけば、後々後悔せずに済むでしょう。

精算ミスもしっかり確認できます

画素が良いカメラを選ぶと、犯人の顔がしっかり映るだけではなく、レジの金額まで明瞭に映すことができます。そのため、どこで精算ミスが起きたのか、という原因を浮き彫りにすることも可能です。

TOPボタン